どうつけていくのか

ボトル

男性が香水を付ける場面は、もちろんオフの日であったりデートの日であったりします。
ですが働く男性にだって香りは必要です、仕事でさりげなく香水を付けるというのもかっこいいものです。
しかし時と場所を考えながら使用しなくてはなりません、そうすれば出来る男性になる事でしょう。

一番使うべき職種は企業の営業マンなどになります。
もちろん甘すぎる匂いや香水のつけすぎは駄目でありますが、先方に施す事ができる最大限のマナーです。
もし体臭がきつすぎる営業マンが先方に話を持ちかけにいっても、匂いが気になりすぎて話がうまくまとまらない事態だって発生しないとは言い切れません。
自分の体臭に自信がないのであれば、むしろ香水は積極的に使用するのがいいのです。
香水は汗の匂いとの相性がいいものが多く、いい感じに汗の匂いを素敵な香りにしてくれるものは沢山あります。
あくまでも仕事上で使用する香水というのは、ファッションや身だしなみの一部というよりかは自分のマイナス要因を抑える為に利用する事に目的があります。
そのため使用する香水は、果たして自分の職場や業務に合っているものなのかと考えてから使用しましょう。

ファッションや身だしなみとしてなら、話は別であります。
自分の魅力を彩るアイテムでもあります、自分好みにカスタマイズして利用しましょう。
無臭だったり体臭がきつかったり、はたまた汗の匂いがきついのであれば尚更利用するのがいいのです。
香りの印象というのは大切です、女性の気を少しでも引きたいのであれば男性用香水というものに注目してみるのがいいのです。
たまに雑誌やネットサイトでは、男性のこんな香りが好きというような特集が組まれている事があります。
そういったものを確認してみてから選ぶこともいいかもしれません。

どういう香りがあるか

香水

香水の種類という物は沢山あります、そこからどのような香りを選ぶのかは難しい物であります。
そして男性用と的を絞ると、香りは限定されてきます。
いちごやベリーなどを思わせる甘い匂いの香水を男性がつけているとなると、はっきりいって微妙な雰囲気になるかもしれません。
人がする事は自由であるのに、香りまで差別意識をもつなんてと思う方もいるかもしれません。
けれども匂いも身だしなみでありマナーなのです、場所などに沿った匂いを付けるべきなのです。
男性の場合はそれが結構重要だったりします。そのため職場などであまりにも甘い香りを放つのはどうなのかという事です。
ですが自由は自由です、けれども男性用香水を選ぶには多少は香りの知識がある方が為になります。

■シトラス系
レモンやオレンジといった柑橘系をベースにしている匂いであります。
柑橘系特有の香りであり、そして天然香料なので香りの伝達も早くなっています。

■フローラルブーケ系
花束のような香りであり、複数ある花の香りが楽しめます。

■シングルフローラル系
花束みたいなというまとまりがある匂いではなく、一つの花の香りがたのしめます。

■オリエンタル系
アンバーやムスクといった動物性香料やウッディ系香料が多用されているものであり、大人な香りであります。
西洋人が感じた東洋っぽさというところから、オリエンタル系と呼ばれています。

■グリーン系
植物を彷彿とさせる香りであります、別名ナチュラル系とも呼ばれている香りです。

このような形で香水の匂いには種類があるのです、種類によってはブランドも変わります。